Envelopes

テクニカル分析におけるエンベロープの意味と信頼度

FXのテクニカル指標は、有名なものから無名なものまでを含めると実に多岐に渡ります。使う目的も計算方法も様々なそれらですが、実は移動平均線を元にしている指標が少なくありません。

これは移動平均線が本当に有用で、なおかつ基礎的であることの証左ですが、これから紹介するエンベロープも、そんな指標の1つです。

Envelopes

http://www.abysse.co.jp/mt4/より転載

エンベロープってなに?

エンベロープとは、移動平均線を上下に一定幅離して描画する指標です。つまり、移動平均線同じ動きをする線が表示されることになります。

どれぐらい離すかは設定でき、また使用する移動平均線の期間も決められますが、主に20か21期間で使われるのが普通です。

なぜ20か21なのかというと、この期間の移動平均線が、買い相場と売り相場の境界線になりうる、最も基本的なラインだからに他なりません。

エンベロープの使い方

エンベロープは基本的に、反転ポイントとして使用します。ローソク足は移動平均線から離れると、戻ろうとする力が働くのですが、どこで反転するかは明確ではありません。その基準として、エンベロープを用いるのです。

なので、エンベロープの設定は、その日ごとにいろいろと試してみることをお勧めします。なぜかというと、相場の勢いというのは時間ごとに異なり、勢いの強い相場ではなかなか返ってきませんし、勢いがなければすぐに反転しがちです。いろいろと試してみて、反転ポイントとして機能している設定を見つけましょう。

Bollinger%20Bands

http://www.abysse.co.jp/mt4/より転載

エンベロープに似ているテクニカル

実は、エンベロープと使い方が似ているテクニカル指標があります。それがボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドも、移動平均線を中心に上下に数本の線を描画する指標なのですが、こちらは相場の変動率なども加味された計算が加えられているので、中心の移動平均線とはやや異なった動きをします。

一般的には、より情報量の多いボリンジャーバンドが選好されがちですが、初心者のうちはシンプルなエンベロープの方が、わかりやすいかもしれません。

 

相場の反転ポイントを狙って仕掛けるエントリーを逆張りというのですが、エンベロープはこの逆張りに有効な指標です。逆張りは相場の流れに逆らうので危険もつきまといますが、うまくはまれば利益を底から獲得でき、メリットも少なくありません。

ただし、強いトレンド発生時は負ける確率が高くなりますので、相場の勢いを判断してから使用するように心がけましょう。

この戦略は、海外FXとの親和性が非常に高いので、一度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です